BLOG ブログ

空き家の放置はリスク大!

空き家法ってご存知ですか?

近年、空き家での事件や事故が問題視され、解消するための制度が2015年に制定されました。
それが空き家対策特別措置法(空家等対策の推進に関する特別措置法)いわゆる空き家法です。
めまぐるしく変化する生活形態、これからますます空き家が多くなるという説も御座います。

空き家でのトラブルは基本的には、景観面・衛生面・防犯面において問題が起こると言われています。今も昔も【空き家の火災】というニュースはなくなりません。最近は地震も多く地震による古家の倒壊が最も懸念されております。実際、日本でも近年大きな地震の被害を受け、お住まいの不動産への地震対策は熱心に行われているともいます。しかし、空き家の方は大丈夫でしょうか?
所有者としてどのような対応が良いのか、どのような対応をすべきなのかを考えていきたいとおもます!

軽い気持ちで相続した不動産で大損??

お父さんやお母さんや親族から不動産を相続される際に、「またいずれ売ればいいや!」「市場が上がったら売ろう!」「子どもの為においておこう!」このように、不動産持っていた方が良い、得する、なんて簡単に相続されていると思いますが、しっかりとした知識が無いと大損する可能性もございます!!

空き家での火災は誰の責任?台風で瓦が飛んでの被害は誰の責任?地震で建物倒壊での被害は誰の責任?全て所有者の責任です!!このようなことはもちろんですが、これら以外にも、シロアリなど害虫問題が発生した際の近隣トラブルも注意すべき箇所です。
自宅とは別に空き家にも火災保険や害虫駆除や崩壊しない為のメンテナンスなど、所有者の責任を果たすための心がけが常に必要となります。

特定空家に認定されると固定資産税が数倍になる可能性が?

空き家法(空家等対策の推進に関する特別措置法)において、市区町村より美化や修繕や撤去など改善するよう指導や助言を受けた場合、所有者は対応しないといけません。それでも変わらず改善しない場合は、特定空家に認定される場合があります。
その場合、過料や行政執行が行われたり、行政から勧告を受けた場合は固定資産税の住宅用地特例から除外され固定資産税が最大約6倍になる可能性もあります。

『特定空家とは』
・屋根や外壁などに問題がある倒壊のトラブル
・不法投棄や排水設備不良などに問題がある衛生面のトラブル
・雑草の放置や建物の劣化による景観を損ねるトラブル
・空き巣や放火や害虫や害獣など周辺の治安を損ねるトラブル

まとめ

大事なご資産ですのでしっかりとした知識を持ってお守り頂く、もしくは危険回避するためにすみやかに売却等手放すように、所有者としての責任を果たすよう努めなければなりません。

保管する際は、火災保険等保険の内容の再確認をしたり、できる限り不動産の現状の確認・清掃等をし近隣への配慮を常にしなければなりません。もちろん所有不動産でトラブルになってしまった場合は、全て所有者様の責任で対応しないといけません。

所有不動産を放置し「特定空家」に指定された場合は、固定資産税の特例をお受け頂けなくなる可能性があり、固定資産税が最大で約6倍になる場合も御座います。そうなって大損してからでは遅いので、その前に、一度プロのアドバイスをお聞きになって下さい。

必ず最善のご提案をさせて頂き、不安要素を排除しご安心頂けるように努めます。