BLOG ブログ

再建築不可物件

古家、再建築不可物件の相続

日本全国に空き家はどれくらいあるかご存知でしょうか??
実に昭和38年から増え続け、平成30年現在808万戸が空き家になっているとなっています。
ものすごい数ですね!
その中でも再建築不可物件の空家についてご説明させて頂きます。
弊社でも相続案件相談で多いのが、再建築不可物件の処分に関してです。
相続したんですが・・・・・
売れるの?価値はあるの?マイナスになる?etc
再建築不可物件は築年数が相当経過していることが多々あります。
木造の法定耐用年数は22年です。
ただ築60年、70年などの物件もざらにあります。
近年増え続ける大型台風。
倒壊するんじゃないか・・・補修はどうすれば・・・etc
心配ばかりが増えていきます。
ただ心配だけしても絶対に問題は解決はしません。

結局売れるの??

そんな再建築不可物件を相続される場合、いろんな悩みがあるかと思います。
そんな悩みを1つ1つ解決していけば必ず
売れます!!!!
写真の物件は今月弊社にて買取りさせて頂いた物件になります。
再建築不可で、中もかなり傷んでいる状態で、雨漏りもありました。
お客様「こんな状態で売れるの???」
私「売れます、というか買取いたします。」
即決で商談成立致しました。
弊社では長年の経験で培った独自ルートにより、他業者様で買取不可と言われた物件でも買取を可能にしております。

再生はできる??

答えから申し上げますと、どんな物件でも再生は可能です。
再建築が不可になりますので、つぶしてしまいますともう何も建てれません。
ですので、既存物件を活かす方法を考えなくてはなりません。
そのためには、リフォームし、リノベーションをして物件を貸して収益を上げるという方法がございます。
弊社ではリノベーション事業を得意としております。
お客様付けを自社でするために賃貸専門部署もございます。
ただ市場調査などをして、かかるリノベーション費用から収益を考えて、厳しいようであればオススメしない場合もございます。
古民家再生など、事例は多数ございます。
相続物件のリノベーション、お部屋付け、管理まで全てワンストプで弊社にお任せいただけます。
物件再生も弊社までご相談いただければベストなご提案をさせて頂きます。

まとめ

なに一つ不動産で同じ物件はありません。
用途、再生なども住人十色です。
弊社では、再建築不可物件、古家、など難しい物件でも最良なご提案させて頂きます。
相談無料。
是非まず一度お電話下さい!! TEL072-267-0920
  
   安井